CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<1>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



COMPILATION of FFVII
発売(発表)順でいくとBC、ACに引き続き3作目?ですが、
時系列で行くと今のところ、この物語がFF7最終章になります。

本編から3年後。主人公は元タークスのガンマン、
ヴィンセント・ヴァレンタイン。

現在、インターナショナル版が出ておりますが、
(しかもアルティメットヒッツで)
やっぱりさぁ、ヴィン様ファンとしてはさ、
鈴木省吾ボイスで喋ってるってのが良い訳で・・・
たとえ操作性が悪くても、日本語を喋ってるヴィンが見たい!
って事であえて日本語版でプレイ。w
鈴木省吾ボイス万歳ですよ。w

ちなみに今オフィシャルサイトではこっそり更新されていて、
インターナショナル版の魅力について載ってるんですけど、
宣伝部によると主な変更点は・・・

●2段ジャンプ、ジャンプショット、
 スライドダッシュが出来るようになった。


アクションゲームとしての面白さUP!って感じですかね。
・・・使いこなせればの話ですが。苦笑。

●キャラクタービューア、アートギャラリー、サウンドギャラリー、
 作品発表時のPVなど貴重な映像を収録!


あ〜ちょっと気になるなぁ。

●エクストラミッション追加

『敵の攻撃をかわして目的地にたどり着く』とか
『ミサイル攻撃を耐えきる』(鬼)とか
『ケット・シーで真・アスールを倒す』
(何ぃーーーーーー!?)

無茶というか、なミッションが追加されてるんだとか。
てかガリアンビーストになってやっとこさ倒した真・アスールを
あのケット・シーでってどういう事!?
マジで言ってるんですか!?w

あとオンラインでしか見れなかったイベントも見れるらしいよ。
何かそう言われると、インター版もやりたくなってきた。w

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]