CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<5>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【第1章】業火に包まれしカームの街(後半)

後半はリーブ率いるWRO隊員を援護しながら、
次の待ち合わせ場所である東の教会広場を目指します。

WRO隊員が「WRO」について教えてくれる。

「ヴィンセント様と同じく、先のジェノバ戦役の
 英雄であられますリーブ様を局長とし
 3年前のメテオにより、大きな傷をおってしまった、
 星の再生を手助けするため星に害をなす、あらゆるものと戦う、
 そういった組織であります」

リーブも偉くなったもんですねぇ。
あんなに影薄かったのにぃ。
そういえば、FF7本編ラストでケット・シーが
「ボクも本体で来ようと思ったんですけど・・・」って言ってて
おいおい、本体で来られても困るよって当時は思ったんですけどw
今だったら、うん、本体で戦ってもらうのもアリかも。w


東の教会広場に着くとボスとのバトルが発生。
てか自分よりデカイ、ヘリとどうして戦うかなぁと。w
私のせいで逃げ遅れる度にヴィンが吹っ飛ぶ。汗
ごめんよぉぉぉ!!ヴィン!!(><)
ちなみにぶっ飛んだ時のヴィンの格好は超無様です。orz
トドメを刺すときのムービーとのギャップに…orz

ちなみにトドメのムービーですが、
→ヴィンセント、いつのまにか屋根の上へ
→ヘリ(ドラゴンフライヤーGL)に向かってダイブ&発砲
→ガリアンビーストになって破壊→終了

…おまえ、最初っからそれやれよ。

てか、それじゃゲームにならないですけど。w
それくらい、彼は強かったです。
てかホントは強いんです。はい。


ボスを倒すとその後ろにDGソルジャーが待ち構えていた。
一斉にヴィンセントに向かって発砲する彼ら。

てか弾丸の雨の中、
左手のガンドレットで弾丸を防ぎつつも
微動だにしないヴィンセント。汗
それとも下手な鉄砲は数撃っても当たらないとか?

そこにWROのシャドウフォックスに乗った
隊員とリーブが駆けつける。
彼らと一緒に応戦するヴィンセント。


リーブ   「お疲れさまでした。
       とりあえず、といったところですが、
       やつらは、カームから撤退したようです」
ヴィンセント「そうか」
リーブ   「ですが、もう少し付き合ってください
       エッジも襲われています」

この時のヴィンセント、コンテナの上で片膝立てて座っています。
どんだけカッコつけ野郎なわけよ。w
と思ったけど、そういえば彼はゴールドソーサーのゴンドラでも
座席に片足乗っけて窓の外を観てる様な人でした。w

クラウド達が住む「エッジ」も襲われてると聞き、
協力する事にするヴィンセント。
てか、ここまで来たらお茶目なおっちゃんの思い通りですね。w

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]