CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<9>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【第3章】エッジ、静寂に抱かれ(前半)

ヴィンセント、荒野を抜け、エッジに到着。
何故か雨が振り、街は静まり返っている。

敵は?街の人たちは?WROの先行隊は?

てか、クラウド達は何処へ?

避難したのか?
それとも実は家族揃ってコスタ・デル・ソルの別荘へ旅行して
難を逃れてたりしてて。爆(はい。本編でクラウド別荘を買いました。w)

まぁ冗談はさておき、街の人達と隊員たちは、
みんなロッソにやられてしまったとして(酷い)、
マジ、クラウド達はこの時、何してたんでしょうね?


ヴィンセント、街の様子を伺う。すると後ろから人の気配が・・・。
奇抜な服装に白衣を着た女性がヴィンセントに銃を突きつける。

ヴィンセント「WROか?」
シャルア  「アンタは?」
ヴィンセント「ヴィンセント・ヴァレンタイン。リーブに頼まれここにきた」
シャルア  「失礼した。私はWROのシャルア・ルーイ
       アンタの話は局長から、かねがね聞いてるよ」

リーブはWROの連中にヴィンセントの事をどこまで話してるんでしょうねぇ。
同じ星を救った英雄として…。
にしてもヴィンセント・ヴァレンタイン。良い名前です。w
そしてシャルアの衣装。どう考えてもおかしい。w

ヴィンセント「ここで、何があった?」
シャルア  「それは私が聞きたい。
       私は、ここに別件で来たのだが……、静かすぎる……
       WROの部隊や、ディープグラウンドの連中はどうした?
       それに、このエッジには、まだ、500ほどの人が残っていたはず」

って、事は500人みんな・・・
この星の人口は本当に大丈夫なのか?汗

シャルア  「ここにこうしていても、仕方がない
       私は、探しものがあるのでな、これで、失礼する」
ヴィンセント「探しもの?」
シャルア  「あぁ、いつも局長に止められるんだが、こればかりはな」
ヴィンセント「何を探しているんだ?」
シャルア  「私の……命だよ」

シャルアの命、それは後に再会する妹さんの事ですね。
敵が現れては、妹が居ないか探してまわってたんでしょう。


シャルアと別れ、ヴィンセントは街の中へ。
敵の出る気配がないのが逆にコワイ。ビクビク。(←臆病者)

奥に進むと虫の息になっているWRO隊員発見。

「やられた……朱い……ソルジャーに……先行隊は……全滅……
 街外れの倉庫……に、人が……集められてた……
 ……倉庫……頼……む……」

やっぱり。てか、またしても頼まれちゃったし。ヴィンちゃん。
彼を看取り、敵を倒しつつ孤独な探索が続きます。

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]