CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<17>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【第5章】悲しみの神羅屋敷(後半)

神羅屋敷の地下から2階へ。そして2階から1階へ。
・・・冷静に考えると不思議な構造してますな、この屋敷。w

1階の奥へ進むと、ヴィンセントが一瞬、痛みを覚え跪く。
宝条に改造され瀕死状態になった時、
おそらく無意識になのだろう、
研究ポットの中からみたルクレツィアの姿の記憶が甦る。

ヴィンセント「いまのは…?」

おそらくこの部屋が、ルクレツィアの研究部屋だったのだろう。

ロッソ「こんなところで、会えるなんて
    でも丁度よかったわ、そろそろ会いにゆこうかと思ってたから」

さっきの現象の事を考える暇もなくロッソ再び登場。

ヴィンセント「お前らは、オメガをどうするつもりだ?」
ロッソ   「さぁ? 私は、それほど興味がないから」
ヴィンセント「なに?」
ロッソ   「でもね、ヴァイスが欲しがってるの
       ズィーガー、ヴァイス
       ディープグラウンドの全ソルジャーはヴァイスに賛同し、
       彼のために動く」

確かに黒幕の事を考えれば、DGソルジャーにとって
カオスとオメガなんてどうでも良い事です。
情緒不安定で血に飢えた彼女の望むものは<ミナゴロシ>。
閉ざされたディープグラウンドを<余裕>で生き残った
彼女の獲物は今や<世界>に向けられている。
ツヴィエートの中でも彼女が最も最悪な存在なのかもしれない。てか、こわっ。

ロッソ   「アナタにも分かるでしょ?」
ヴィンセント「分かりかねるな」
ロッソ   「ふふ、よくいうわ。所詮は《同じ》くせに」

ロッソに銃を向けるヴィンセント。
てか、皆して無知な彼をいぢめるなっつーの。w
どーせ「己が存在理由も知らぬ出来損ない」(byアスール)です。

逃げるロッソを追いかけるヴィンセント。
するとBOSSブラック・ウィドー待ち構えていた。
ロッソと2度も遭遇してる割には直接対決しないっすねぇ。

とりあえずブラック・ウィドーを倒す。
これで終了かと思いきや・・・

ヴィンセント「ぐはっ」
ロッソ   「ごめんねぇ、不意討ちしちゃったわ」

ロッソ姉さんの鋭いツメがヴィンセントの胸にくい込む!!(((;゚Д゚)))
そして彼の体内にあったエンシェント・マテリアが奪われてしまう。

てか、エンシェント・マテリアでかっ!!

直径12センチは余裕であるんじゃないですか?
こんなもの体内に入ってたの!?

エンシェント・マテリアを奪われた彼はその場で倒れ、
カオスをまとも制御できなくなってしまう。
てか、それ以前に痛そう。
とっても痛そう。。。普通だったら死んでるよ。即死だよ。デスだよ。汗。

瀕死状態のヴィンセント。ロッソがトドメを刺そうとしたその時、
見覚えのあるデッカイ手裏剣がロッソを襲う。

ロッソ「ちっ! ウータイの忍が」

間一髪のところでユフィに助けられたヴィンセント。
てか、また女に助けられちゃいましたね。

にしても瞬時に長身のヴィンセントを運び出すユフィちゃんって、凄い。。。

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]