CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<19>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【第6章】ディープグラウンドの逆襲 (前半)

さて、ロッソに不意打ちされ、意識を失ったヴィンセントは、
またもやルクレツィアの祠へ…。一体どんだけ・・・。

ヴィンセント「君に……会ったよ……
       初めて君と、出会った場所で……
       そこでも君は……咎められるのは、私の方だ……
       あのとき、止めることができなかった……私の……」

お互いにごめんさいって言い合っててもしょうがないのに。。。

気がつくと彼はシャドウホックスの椅子に横たわっていた。
横に目をやるとモーグリを象ったかぶり物?をした少女が座っている。

ヴィンセント「ここは?アンタは?」
ユフィ   「よくぞ、聞いてくれました!
       天知る地知る人が知る 悪を倒せとアタシ呼ぶ
       ウータイに咲く一輪の花……
       ユフィ・キサラギ!!ここに見ざ……
       あっ、あっ……!! うわあぁっ……痛っ……!!つつっっぅ……」

バランスを崩したユフィは勢いよく、後ろのモニタに頭をぶつけてしまう。
(しかも火花散ってたんですけど。大丈夫っすか!?汗)
にしてもユフィ、10年前(CC)から成長してない気が…。w

ヴィンセント「……で、ここは?」
ユフィ   「驚けよ! 心配しろよ!」
ヴィンセント「あぁ、ユフィ……久しぶりだな。《頭》は大丈夫か?」
ユフィ   「な、なんか、スゴイむかつくんですけど!」

ヴィンセントのシカト&嫌味攻撃。www
ちゃんと仲間と打ち解けてるから出来るんですよね。きっと。
にしてもこの人の場合、全て真顔だからウケる。w

起き上がろうとするヴィンセント。が、胸に痛みが走る。

ユフィ   「あ〜あぁ、まだ無理しちゃダメだよ。胸に穴空いてたんだから」
ヴィンセント「胸に……穴?」
ユフィ   「アタシも、こりゃ死んだかなと思ったけど、みるみる治ってたよ。
       相変わらずっていうか、前にも増して便利な身体してんねぇ」

へぇぇぇ。そうなんだ。てか、凄い言われよう。w

ヴィンセント「ユフィ、お前はなぜ?」
ユフィ   「アタシ?リーブのおっちゃんの所にキョーリョクしてんのよ
       んで、ニブルヘイムをチョーサしてたら
       神羅屋敷で、アンタが、
       どてぇ〜って倒れてるから、慌てて助けたワケ
       へへぇ〜、ヴィンセントはアタシに救われたんだ、
       どうだ、感謝しろ」
ヴィンセント「そうか……、感謝するよ。ありがとう……」
ユフィ   「ぬな、ななな!!……や、やけに素直じゃんか」

ついさっきはシカト&嫌味を言ってたのに、素直に感謝するヴィンセント。
思わず慌てたユフィが可愛い。w
ここでリーブと連絡を取る二人。

リーブ「気が付きましたか?!よかった……
    私の方は、いつもの姿で潜入したんですが……
    見事に殺されてしまいましたよ」

なんか軽いんですけどー。w 
FF7本編で黒マテリアを入手する時に1号が言ってたセリフ。

「このおんなじボディのんがようさんおるんやけど、
 このボクは、ボクだけなんや!
 新しいケット・シーが仲間になっても忘れんといてな」


この言葉にホロリとしちゃったんだけどなぁ。

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]