CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<26>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【第8章-1】ミッドガル総攻撃開始(前半)

ヴィンセント達はシエラ号からエアボード(?)に乗ってミッドガルへ降下。
空からの攻撃開始です。
華麗に空を舞い戦うヴィンセントに惚れ惚れです。w

飛空艇からミッドガルへ降下するシーンは、
FF7本編終盤で宝条の暴走を止める為に空からパラシュートで
八番街へ乗り込んだシーンをなんとなく思い出しますね。

にしてもユフィちゃん、エアバイク(?)に乗ってた時は酔ってたのに、
これは酔わないんだ。w 
むしろ「おっさきぃー!」とか言って気持ち良さそうです。
(でも辺りは弾丸の嵐で超危険だけど)

地上部隊も負けてません。
クラウドがフェンリルに乗ってミッドガルへ突っ込みます。
そこへロッソが…。クラウドVSロッソ。
彼ならロッソを倒せたと思うんですが・・・。
ゲーム上、そういう訳にはいきませんよね。w

あー、ヴィンちゃんを操作できるのは嬉しいんだけど、
また「みんな」で戦いたくなって来たなぁ。またFF7本編やろうかな?
クラウド&ヴィンセントがパーティに入ってれば満足です。w

さて話をDCにもどして…

エアボードに乗って飛び出したのは良いんですが、
狙撃されバランスを崩してしまうヴィンセント。
なんとか着地するものの、
気づけば進路が予定よりずれてしまったみたいです。

シェルク「何をしているのですか?
     目標の降下地点より、ずいぶんとずれています
     ただ、ディープグラウンドを目指すのであれば、
     むしろ都合がいいかもしれません」

怒られた〜。w そして何故都合が良いのかよくわかりません。w
そしてヴィンセントは彼女からの電話をただ黙って聞いてるだけ。w

とりあえず中央塔を目指して上層部に出ろと言われたので、
先に進む事に。すると…

WRO隊員「あっ!ヴィ、ヴィンセントさん!
      わ、私たち、降下地点がずれてしまって」

同じ事してる迷子たちを発見しました。w

WRO隊員 「あっ!あの……
       わ、私たちは、ヴィンセントさんに、
       付いていってもよろしいでしょうか?」
ヴィンセント「好きにするがいい」

名セリフきましたー。w
FF7本編でも言ってましたよね。ミディールのあの治療所で。

そして彼らを連れ、先へ進もうとすると
コンテナの裏にまた一人、WRO隊員を発見…。

WRO隊員  「は、はは……ちょ、ちょっと休憩をしてただけです……」
ヴィンセント「…………」
WRO隊員  「じ、自分も行きます!」
ヴィンセント「好きにするがいい」

はい、また名セリフ頂きましたー!ってそれしか言えんのか。w
隊員は休憩してただけなんて言ってますが、ホントは恐くて隠れてたみたいです。
てか明らかに臆病なWRO隊員。てか何で来ちゃったの?的な。w

って事でお荷物が増えたヴィンちゃんは彼らを守りながら、
これまた懐かしい列車墓場の中を進んで行くのでした。

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]