CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<28>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【第8章-2】激戦、中央螺旋の塔

列車墓場を抜け、舞台は中央塔へ。
その中でも激戦を乗り越え最上階へ辿り着くと、
先程までクラウドと戦ってたハズのロッソが待ち構えていました。

・・・クラウドめ、逃がしたな!?w

ロッソ   「へぇ……本当に生きてたんだ?アナタ、それでも人間?」
ヴィンセント「お前らよりはな」

何なんだ、この会話は。w
てかFF7ってジェノバだのソルジャーだの言って、
まともな「人間」って少ない気がする。汗
CCでもジェネシス・アンジール・セフィロスが自分の正体を知り、
絶望し、人の姿と言葉を捨ててしまったけど
ヴィンセントの場合は運命に振り回されながらも、
何だかんだ言って、ちゃんと人として生きている気がする。
てか良いキャラしてるよ、彼は。w

ロッソ姐さんは強かったです。何回リスタートした事か。w
せっかくなのでギルも稼いじゃおうみたいな感じでした。w

ロッソ「私より……強いヤツが……外に……いるなんて……?
    冗談じゃ……ない…………冗談じゃないわ」

ロッソ姐さん、世界は広いんですよ。(多分)
てかセフィロスVSロッソだったらどっちが強いかなぁ?
う〜ん、やっぱセフィロス、かなぁ?

ロッソ「私は、アンタなんかに、倒されてあげない……
    死が訪れるそのときまで……せいぜい!あがくが!いいわ!!」

そう言って、ロッソ姐さんは自ら満月に散って逝きました。

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]