CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<35>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【第10章】深き神羅の闇(後半)

ネロの闇から無事、脱出できたヴィンセント。
DGの廃墟をさらに奥へと進んで行きます。

途中、ミッション「撃破数100をめざせ!」とかあるんですけど、
これ、結構大変。弾丸&アイテム消費が半端ないです。
ヴィンセントも思わず「キリがない」と呟く程。w
でもこれをクリアすると高価で売れる「金のモーグリ人形」が手に入ります。

廃墟の奥地へ進むとヴィンセントの前に漆黒の闇・ネロが現れます。

ネロ    「初めまして……ですかね?」
ヴィンセント「ネロ」
ネロ    「アナタはどちらかというと、ボクたち寄りの存在だと思い、
       放っておきましたが、これ以上、兄さんに近づくなら、
       消去しますよ?」
ヴィンセント「兄さん?」
ネロ    「えぇ、ボクのヴァイス兄さん。
       ボクよりも強く、世界で唯一ボクを愛してくれた兄さん
       でも……
       まぁ、いいでしょう。それも、今日までです。
       あと、少しで兄さんは……」
ヴィンセント「シェルクはどうした?」

お前の兄さんの話なんかどうでもいい、と言わんばかりに
話を遮るヴィンセント。w
にしてもネロの声(置鮎龍太郎氏)、イイですね〜。w

ネロ「? ……シェルク?
   あぁ、そういえば、どうしたのでしょうね?
   確か、空に材料の回収をしに行った時、
   ボクに向かってきた気がしました
   多分、ボクの中で、消えてるんじゃないですかね?」

無言でケルベロスを構えるヴィンセント。(これがまたカッコイイ)

ネロ「いいですよ、少し……遊びましょうか?」

ヴィンセント VS 漆黒の闇ネロ。
ロッソやアスール戦に比べたら楽だったかな、と。
当然、ヴィンセントが勝ちます。

ネロ「なるほど……アスールやロッソが、
   敗れたのも無理はないかもしれません
   でも……そろそろ終わりにしましょう」

ネロの闇がヴィンセントを取り込みます。
が、自分にはこの闇は効かないと分かっているので、
先程とは違い随分と落ち着いたご様子のヴィンセント。
その頃、シェルクの方はバリアが限界に達していました。

シェルク「終わり……ですかね……」

シェルクが諦めかけたその時、
ヴィンセントが現れ、シェルクの携帯電話を差し出します。

シェルク  「え?」
ヴィンセント「返しに来た
       こんな居心地の悪い場所で、話し込むこともないだろう……
       出るぞ」
シェルク  「……はい」

素直じゃない、ヴィンセント。w
どうしてこの人は素直に「助けに来た」と言わないんでしょうか?w
ACでティファのピンチに駆けつけた時も
「電話屋はどこだ?」と言いながら現れるし。w(てか、どっちも電話ネタ。w)
むしろ、こんな居心地の悪い場所で、返すこともないだろう……と私は言いたい。w
いやぁ、面白いなぁ、ヴィンセントって♪

って事で闇から無事脱出できたヴィンセントとシェルク。
ちなみにシェルクは魔力が切れてるせいか、そのまま倒れ込んでしまいます。

ネロ「そうですか……カオス……命の淀みより、生まれし生命
   だから、その淀みを埋められた、ボクの闇は効かない……
   そういうことですか なら……」

巨大な闇で襲いかかろうとするネロ。
が、その時、巨大な手裏剣がネロの攻撃を阻めます。

ユフィ「天網恢々、疎にして濡れちゃう世の中だけど
    闇あるところにゃ光ある
    そう……照らしてみせます アタシの光で!
    ウータイ一のスーパー忍!ユフィ・キサラギ!!
    後光を背負って……再び参上!!!」

上方を見ると崖の上に後光を背負ったユフィの姿が。w
忍者とは思えない派手な登場っぷり。w

・・・が、

ネロ「兄さんが呼んでる……」(去って行くネロ)

ヴィンセント「大丈夫か?」(シェルクにかけよる)
シェルク  「……えぇ 夢をみました いえ……夢ではないですね……」

全員シカト。www
特にネロのシカトっぷりがナイスです。爆

無視をするなと言ってピョンピョン跳ねて存在をアピールするユフィ。w
そしてバランスを崩して顔面から転落!!(頭の次は顔…って大丈夫なのか。汗)

とっても痛そうです。汗

ヴィンセントは呆れて深いため息と共に顔を背け、
シェルクはただ黙って冷めた目つきでユフィを見つめていました。w

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]