CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーのゲーム日記+α。ネタバレ注意!

今更DIRGE of CERBERUS<43>

DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-(略称:DC FFVII)
追憶に継がれし魔犬は、命の物語の終焉を紡ぐ。



【エンディング】混沌なる終わりに光あり

なんとかオメガヴァイスを倒したものの、
オメガはミッドガルから宇宙に向けて飛び立とうとしていました。

そこでヴィンセント・カオスはオメガに向かって決死のダイブ!
てか、カオスがオメガに歯向かうなんて滅茶苦茶だ。w

オメガは砕け、空からはライフストリームの雪が舞う。
が、ヴィンセントの姿は何処にもなく…。

ユフィ「ヴィンセント……?」

せつない表情のユフィちゃんを見て、
ヴィンセントは死んでしまったのでは!?とマジ思いました。
(私が好きになるキャラは途中で離脱したり死ぬパターンが多いのでorz)
ここで彼を殺したらマジ、■エニさん恨みますよ。苦笑。

<ここでスタッフロール>

壊れた飛空挺、そして壊れた治療ポッドの中で
眠り続けるシャルアにライフストリームの雪が降り注いでいました。

てかお前ら(シド達ね)放置しすぎ。w
シャルアを殺す気か!?w
スタッフ談によると、この雪がきっかけでシャルアが目覚めてくれたらいいなと。
だったらその辺もしっかり描いてくれればいいのに。
この状況じゃ彼女、死んじゃってもおかしくないっすよ!?

--------------------

シェルク「ヴィンセント……あれから、1週間が経ちました……
     ライフストリームは、星へ還り 命は今まで通り循環しています
     私は、少々戸惑いながらも
     過ぎ去った10年を埋めてゆくことを始めました」

彼女はすっかり仲間に溶け込んで、セブンスヘブンで
行方不明の彼にメールを打っていました。
今までフルネームで呼んでたのに、名前で呼んでるのも印象的です。

ユフィ 「クラウドから連絡あった?」
ティファ「うん。でも、見つからないって」
ユフィ 「そっか……まったく、世話かかるなぁ」

恐らくクラウドはフェンリルに乗って彼を捜してるんでしょうね。
ユフィの明るい声を聞いてる限りでは、
彼はどこかで生きてると確信してるのでしょうね。



そのころ、ヴィンセントはシェルクと最後に交わした約束、
彼女に想いを伝える為に、あの祠に居ました。

ヴィンセント「ルクレツィア……もう、大丈夫だ
       オメガとカオスは、再び、星に還った
       それと……ありがとう 私は、まだ生きている」

そう言ってルクレツィアの元を去るヴィンセント。
彼の想いを受け取った彼女の瞳からは一粒の涙が流れていました。

オープニングの方では、眉間にしわ寄せて険しい表情ばかりの彼でしたが、
ここでの彼の表情は凄く穏やかになっていたのが印象的でした。
これで彼の罪は…許された、のかな?


祠を出ると、私服姿のシェルクが彼を待っていました。

シェルク「みなが、待ちくたびれていますよ
     なぜ、私が呼びに行かされてるのでしょう……
     まぁ……どうでも、いいですけど」

ほんと、なんでキミが呼びに行かされてるの?w

ヴィンセントはフッと笑い、空を見上げると、空には崩れたオメガの姿が…。
これじゃ星に還ったというよりは破壊しただけな気が…。w

と、いうことでオメガとカオス騒動もこれで一段落。
二人は仲間のもとへ帰っていきましたとさ。

-----------------------------------------

って事で長かったDCもこれで終了。
シークレットムービーの【G】とヴァイスの行方も気になる所ですが、
それ以上にカオスがどうなったのか気になります。

ホントに星に還っちゃったのかな?
もしそうだとしたら、身体の崩壊を止めてるのはカオス因子だからヤバいのでは?
てかカオス因子ってそんな簡単に抜けちゃうもんなの!?
って事で個人的にはカオスはずっとヴィンちゃんの中に居て欲しい派ですね。

「ルクレツィア……もう、大丈夫だ オメガとカオスは、再び、星に還った」

この言葉はヴィンセントがルクレツィアに言った、
最後の「優しい嘘」なんだと。。。
(FF7本編でも彼は彼女に優しい嘘をついてるので)

不老不死のまま、星が終焉を迎えるその時まで…
カオスさんには彼の中で眠っていて貰いたい。
ちょっと悲しい存在ですが、その方がヴィンセントらしいかな、と。

にほんブログ村 ゲームブログへ

拍手[0回]