CHAOSの棺桶。

ヘタレゲーマーの(旧)ゲーム日記+α。

【イベント】薄桜鬼 桜の宴 2018

薄桜鬼 桜の宴 2018

2018年6月10日(日)
東京国際フォーラム ホールA

<出演>(敬称略)
三木眞一郎、森久保祥太郎、鳥海浩輔、吉野裕行、遊佐浩二、津田健次郎
吉岡亜衣加(アーティスト)

桜の宴が5年ぶりに復活!ということで、
昼の部・夜の部、両公演に行って来ました。


※以下、感想(自分用メモ)です。








薄桜鬼10周年記念の『桜の宴』ということで、
今回の内容は・・・

1)朗読劇(前半)
2)吉岡亜衣加さんによる主題歌熱唱
3)薄桜鬼の10年の歩みを振り返りながらトーク
4)朗読劇(後半)
5)吉岡亜衣加さんによる主題歌熱唱
6)声優陣+吉岡さんでトーク&プレゼントコーナー
7)各キャラクターからの最後のメッセージ

・・・といった感じでした。


朗読劇の内容は、池田屋直後の巡察で、
平助くんの額の傷が悪化してしまい、
土方さんに大人しくしてろ、と言われたのにも関わらず、
皆と一緒に隠れてお酒を飲もうと企んで怒られるというw

土方さんがそばに居るのに気付かないで、
来客用の酒があったぞ!(喜)って言いながら、
みんなのところに来ちゃう左之さんが面白かったw

左之さんが、やらかすの珍しい気もしたけど、
新八っつぁんが居ないと・・・まぁ、
そういう役回りは左之さんになっちゃうかなw

平助くんは、傷は治ったと言い張りますが、
沖田くんのデコピンと左之さんの鉄拳を食らって、
平気なことをアピールするどころか、
逆に傷が悪化してしまいましたw

ちなみに左之さんの鉄拳を食らった時の、
よっちん自身のリアクションが、
昼の部はうずくまる、夜の部はひっくり返るデシタw
こういう演出も朗読劇ならでは。

それでも、お酒を諦めきれない平助くん。
すると土方さんは、傷が治ったら快気祝いで、
酒を好きなだけ奢ってやると言い出したので、
今度は周りがビックリw

沖田「土方さん、今すぐ考え直してください!
   土方さんがそんなことしたら、
   明日は台風か大地震が来ますよ!」

実際に台風が近くで発生していたんだけど、
そうか、これは土方さんのせいだったのか。w

そんな和気藹々とした、いつもの新選組幹部たち。
しかし、この後の新選組の運命は・・・
ゲームプレイ済みの皆さんなら、ご存知の通り。


朗読劇後半では、
皆が羅刹となり散って逝った生き様が描かれ、
ゲームの内容をそのまま、
振り返れる様な内容になっていました。

昼の部は、斎藤ルートを
ベースにしてたと思う(原作うろ覚え)。
沖田・斎藤・平助くんの生き様が描かれました。

そして夜の部では、土方ルートをベースに、
左之さんと土方さんの生き様が・・・。

不知火が居ないので、
左之さんは風間との絡みだったんだけど、
男気溢れる左之さんの生き様がカッコ良かったなぁ。

土方さんの方は、もちろん最後の風間との対決まで。
やっぱり三木さんの土方歳三は迫力あって好きだなぁと、
生で聴いて改めて思いました。

風間との一瞬の勝負は敗れたのか?
相打ちだったのか?
暗闇の中、土方さんの目の前に現れたのは、
かつての仲間・・・新選組幹部たち。

隊服を着た幹部たちが背を向けてる、
あのシーンだったので、
ちょっと泣きそうになっちゃった。。。

薄桜鬼の何が好きって、やっぱ隊士たちの生き様が、
心に焼き付いて忘れられないからなんだよなぁ。
そういう気持ちを再確認した朗読劇でした。

あと、初代のBGMを使ってくれていたので、
余計に思い出補正が・・・。
やっぱ、BGMって大事だよ。
初めてプレイした時の思い出も詰まってるんだもの。

真改は全部新曲になってるので、
内容はそんなに変わらないのに、
プレイしてて懐かしい感じが全くしないのが残念(苦笑
迫力をより出したかったのかもしれないけど、
原曲のアレンジくらいで留めておいて欲しかったなァ。


*・*・*


キャストトークの方は、
昼の部は久しぶりの単独イベントで、
皆さん緊張しててガチガチというか、
言ってることがフワフワしてるというかw

でも、10年の歩みを振り返ってるうちに温まってきて、
夜の部ではいつもの調子に戻ってましたw

内容は、年齢に関することが多かった気がします。
10年前の時点で、乙女ゲームのキャストとしては、
全員シルバー扱いでしたからねw
そこから、キャストもファンも10年歳とった訳ですから。
まぁ、弄りたくもなりますわなw

薄桜鬼検定の問題にキャスト陣も挑戦してみよう!
のコーナーでは、もちろん真面目に答えるはずもなく、
いつもの大喜利状態にw

その際、昼の部で鳥海さんがスケッチブックの用紙ではなく、
表紙の裏に答えを書いてしまうというミスをww

ちなみに、書いた言葉は『トルコ』w
夜の部でも『トルコ』ネタを引っ張ってきたので、
今回の桜の宴のキーワードは『トルコ』だな。うん。ww

さらに、途中から藤澤経清プロデューサーも登場。
この10年で制作スタッフは入れ替わったけど、
藤澤Pとキャスト陣は変わってないので、
このメンバーが一番、キャラや作品を理解してくれている、
というようなことを言っていたのが印象的でした。

他キャスト陣からのビデオレターもありました。
昼の部は、天霧役の山口さん・不知火役の吉田さんの“鬼組”と、
新八役の坪井さん・山南役の飛田さん・山崎役の鈴木さんの“3人組”。

夜の部のビデオレターは、千鶴役の桑島さん。
そして、坪井さん・飛田さん・鈴木さんの3人組再び(笑
なんか飛田さんのテンションが常に高かったw

そして最後の最後に、現在病気療養中の、
近藤役の大川透さんからのお手紙も。
初めて近藤を見た時、絵の綺麗さビックリして、
これは大事に演じようと思って役に挑んでくれたそうです。


*・*・*


今回、久しぶりに『桜の宴』に参加して、

『薄桜鬼』と出会った時のこと、
『薄桜鬼』をキッカケに声優さんや史実に興味を持ったこと、
『薄桜鬼』がいろんな出会いを与えてくれたこと、

いろいろ思い出して、初心に戻った気分です。

正直、絵師が変わった辺りから、薄桜鬼に関して、
いろいろ思うこともありましたけど、
薄桜鬼は自分にとって特別な作品なのだと、
今回改めて再確認しました。



薄桜鬼、好きだ。
これからも、ずっと。





薄桜鬼 十周年記念本 ~桜花爛漫~

KADOKAWA (2018-06-09)
売り上げランキング: 842

拍手[1回]

コメント